スマホの普及とサービス

スマートフォンのすすめ

スマートフォンの普及と性能の変化

ガラケーと呼ばれる携帯電話に変わり、スマートフォンと呼ばれる携帯端末が普及し、一般的に使用されるようになって来ました。
そのきっかけを作ったのがアップルのiphoneです。
直感的に使うことができ、見たものに触れる、動かすという感覚で使用することができるので、一見難しそうでも使っていくうちに操作を自然と覚えてしまうという利点がありました。
そこにグーグルのAndroidを搭載したスマートフォンが次々と発表され、主要な通信会社から多く発売されています。
発売当初の機種は、画面も小さく、液晶も今ほど鮮やかなものではありませんでしたが、ガラケーと比較すると、著しい進歩を遂げていました。
2015年に主流となっている機種では、発売当初の機種よりも大画面化し、液晶も驚くほどきれいになっています。
またそれだけの性能を持つとバッテリーの消費量が増えそうですが、同時に省エネ化にも特化し、なおかつ大バッテリーを搭載することにより、3日間充電しなくても使用できるスマートフォンが発表されるようになりました。
子供からお年寄りまで、使いやすいようにカスタマイズができるのもスマートフォンの強みであり、それぞれのニーズに合った仕様に、自分で仕上げられるのも強みになっています。

薬局で使用可能なスマートフォンのサービス

もはや中高年でも所持しているのが当然になりつつあるのスマートフォンですが、動画やゲームといった娯楽的な利用法だけではなく、健康や生活に密接に絡んだ利用も行われるようになりました。
病院に行ってから、自分の病気に合わせて処方せんをもらい、調剤薬局で処方せんにあるお薬をもらう時に、一連の流れがすべて終わるまでには地味に時間がかかってしまうという難点がありました。
もらうお薬が少ない人なら特に気にはなりませんが、一度にもらうお薬が多い人の場合は薬局で長時間待たされることも。
混雑時には行列になってい舞うことも珍しくないのです。
ところが、スマートフォンを利用した処方せん予約サービスを薬局側が導入してくれれば待ち時間の大幅なカットも可能になります。
やり方はスマートフォンから薬局のサイトにアクセスし、自分の必要な情報を登録した後に処方せんをスマートフォンのカメラで撮影して送信するだけなので、操作が苦手な人でも簡単です。
患者さんは病院から調剤薬局に行けば待ち時間もなくすぐに欲しい薬を処方してもらえます。
まだ新しいサービスですが、導入する薬局は広がっていますし、様々なタイプの処方せん予約サービスがリリースされるようになっています。

おすすめWEBサイト

電話占い師になりたい方で募集を探している方はご連絡ください

電話占い師の募集を探す

相続税の申告を税理士に頼みたい方はお問い合わせください

相続税申告を税理士に頼む

通いやすい落合斎場でのお葬式をご検討中でしたら、ご相談ください。

落合斎場

2019/2/15 更新


Copy Right (C) スマートフォンのすすめ All Right Reserved